モンスターカレンダー

 2012年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

にきび跡の原因

ニキビ跡は美肌には大敵です。肌の凸凹、色素沈着などがあると入念なケアをしても改善するには時間がかかります。しかし、ニキビができたら必ず跡になって残るという考え方は間違っています。症状が軽いうちに適切なケアを行えば、跡など残らずにきれいに治ります。
多くの人はニキビができると、気にして触ったり、隠そうとメイクを厚くしたり、髪の毛で隠したりしようとします。しかし、これらの方法はすべて間違っています。ニキビができてしまったら、極力触らないことが大切です。
初期の段階での適切なケアとは、洗顔です。毛穴の汚れや古い角質を洗い流すことが大切です。そして、洗顔の際には、肌に刺激を与えないようにすることも忘れてはいけません。肌やニキビをこすることはかえってダメージの原因になります。
高価な石鹸やコスメは必要ありません。天然成分の石鹸を良く泡立てて、泡で汚れを包むように洗うことで十分です。その際には、体温よりぬるめのお湯を使うと毛穴が開きやすくなり汚れも落ちやすくなります。充分にすすぎを行って肌を清潔にすることが、ニキビケアの第一歩です。また、洗顔は1日に2回程度で十分です。
洗顔後にはビタミンC誘導体の含まれた化粧水で保湿をするとよいでしょう。ニキビ部分に薬を使用する場合には、塗りすぎないことも大切です。使用方法に従うことが最も効果があらわれやすい方法なのです。
ニキビによって跡が残ってしまうのは、ケア不足、間違ったケアが原因の場合が多いです。正しいケアを実行することで美肌を取り戻すことは可能です。