モンスターカレンダー

 2012年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

キッチン用品の荷造りの仕方

キッチン用品の代表格のものの中には、スプーン、フォーク、お箸も含めて、とても様々なものがたくさんあります。

また、ボールやざる、おなべなど、キッチン周りには本当にたくさんのものがあり、荷造りもそれだけ大変になります。
一番細かいキッチン用品は、スプーン・ナイフ・フォーク・お箸でしょう。
スプーンとフォークは、種類をまず揃えます。その後に、向きや大きさなどをを揃えて、何本か固めてキッチンペーパーに包み、輪ゴムでとめます。
洗い直しを防ぐには、キッチン用品には冷凍などでつかう、食品用のビニール袋がいいでしょう。
普通のビニール袋だと、匂いが気になり、あとで洗いなおさないといけない、なんてことになりかねません。
また、キッチン用品のなべなどは、大きなものから小さなものに重ねる、重たいものを下にして、軽いものを上にのせるなど、工夫をするといいでしょう。
お鍋やおたまなどのかさばる物には、荷造り用のエアークッションのようなものを間に入れてみましょう。
そうすることで、ガタガタ動かずに、凹みとか、傷なども最小限度で持ち運びが出来ることでしょう。
キッチン用品のなかでも、調味料などの持ち運びには注意が必要です。
割れ物がある場合には、プチプチなどのエアークッションに包みます。
液漏れの可能性がある場合には、ビニールテープで包む、もしくは、チャック式の食品用ビニール袋で包んだ後、その上からエアークッションを包むなど、対策をしましょう

コツとしては、同じ種類のものを固めて、表示しておくことで、どんなものでも、取り出せ安いということです。
また、共通点では、隙間が開いたら、タオルや新聞紙などで隙間を埋めて動かないように梱包します。
その時に、下や横など、クッション材となるものを引いておきましょう。
引越しやさんには、当日、どの程度まで梱包してもらえるか、事前に確認しておくと作業が楽になります。
例えば、大きな食器棚や電子レンジ、冷蔵庫などは、引越しやさんが当日梱包してくれる場合があるからです。