モンスターカレンダー

« 2014年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

保険の見直しは、保険料の安さも重要だけど

生命保険に加入する際は、様々なことを考慮して、加入する生命保険を決定することになると思います。
その選択材料の一つとして、保険料の金額というものは、欠かせないと思います。
保険料の金額が安ければ安いほど、生命保険を始めやすいとも言えます。
そういったことから、保険見直しでは安い生命保険を選ぶ人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、保険料の安さだけで、生命保険を選んでしまうのは、非常に危険なのです。
保険料の安い生命保険として、掛け捨てタイプの生命保険が有名だと思います。
掛け捨てタイプの生命保険は、保険料が安いにも関わらず、保障内容も充実しているので、とてもコストパフォーマンスの良い生命保険であると言えます。
そういったことから、掛け捨てタイプの生命保険を利用しているという人も多いと思います。
しかし、掛け捨てタイプの生命保険は、貯蓄性がないというデメリットも存在します。
逆に、終身保険は、保険料が高いというデメリットがありますが、貯蓄性が高いというメリットがあります。
また、終身保険は、掛け捨てタイプの生命保険と違い、死ぬまで保障してもらうことが出来ます。
それだけでなく、途中で生命保険を解約したとしても、解約金を受け取ることが出来るという特徴もあります。
解約金では、今まで支払ってきた保険料と同額程度の解約金を受け取ることが出来ます。
なので、途中で解約することに対するリスクも低いと言えます。
このように、掛け捨てタイプの生命保険と、終身保険には、それぞれにメリットとデメリットがあることが分かったと思います。