モンスターカレンダー

« 2014年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

プラセンタ Q&A 高血圧その他

プラセンタに関する疑問や質問について、今回は特に多いものをご紹介しましょう。

Q.プラセンタは多くの病気や症状に効くと聞きますが、内科系の疾患ではどのようなものに有効なのでしょうか。

A.身近でよく耳にする内科系の病気から、重い症状のものまで、幅広くあります。
高血圧、低血圧、便秘、膠原病、気管支喘息、慢性気管支炎、潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍、糖尿病、慢性膵炎、肝硬変症、肝炎、胃弱、胃潰瘍、慢性胃炎などが代表的です。
PR⇒高血圧予防サプリ
プラセンタには抗炎症効果がありますので、炎症を引き起こす気管支喘息や慢性気管支炎などに有効なのです。

Q.外科系の疾患では、どんな病気に有効でしょう。

A.変形性関節症、慢性関節リウマチ、五十肩、神経痛、腰痛、関節炎などです。
プラセンタは血行を促す働きを持っているので、体内に蓄積されていた老廃物を、血流が改善されることで体外に排出しますから、痛みを緩和してくれます。
炎症の痛みは、内科系のときと同様のプラセンタの抗炎症効果が働きかけますので、苦しんでいる方にお勧めします。

Q.内科や外科系以外では、どんな症状に効果があるでしょう。

A.意外なところとして、耳鼻咽喉科系にも有効です。
日本人に多い症状では、花粉症やアレルギー性鼻炎などに効果的です。
他にも、メニエール病、難聴、蓄膿症、副鼻腔炎などの治療に働きかけます。

プラセンタには免疫力を正常に整える効果が備わっていますので、これら以外にもさまざまな症状の治療に役立てられています。